« 2009年7月 | トップページ | 2011年2月 »

2009年8月

FF4TA エッジ編

いつの間にかSoftBankでも終章まで配信されていたのでプレイを再開。

エッジ編をクリアして、
月齢が新月の時のみ現れるベヒーモスをひたすら狩っています。
すぐに出現することもあればなかなか出ないこともあります。
なんでベヒーモスをひたすら狩っているかというとむらさきのしっぽというレアアイテムが目当て。
でも、確率は相当低くしっぽどころか何のアイテムもドロップしないのが現状。
とりあえずレベルが30に達したら見切りを付けてチャレンジダンジョンに挑戦する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOWRM2(4) ソーディアン入手

Swordian 久しぶりに進行。

連動サイトでTODで中心的な武器であったソーディアンシリーズがDL可能になっていたのでDLしてみる。

左手にディムロス、右手にシャルティエ。

なんて贅沢な装備なんだ!

みたくれがいいだけでなく武器としても強いです。
このレベル帯の武器としては最強なんじゃないでしょうか。
今まで硬かった敵がサクサク倒せます。

ところでクエスト経験率が35%いくかいかないかのところまでやっときました。
ここまで47時間、レベルは64です。相変わらずTOキャラとのレベル差は激しいです。
コングマンがレベル10で加入してきたので平均レベルがさらに低くなりました;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無双OROCHI 魔王再臨

Orochisairin買ってしまいました、PSP版。

PS2版を相当やり込んだので今回はのんびりと進めたいと思います。
追加要素を期待していたのですが処理落ちが少なくなったぐらいであんまり無いみたいですね。

それにしてもこれでまた詰みゲーの数が増える可能性が。。

本棚に眠っているソフトだけで13本。
ゲームアーカイブスも入れると20本になるか。。

ドラクエ9がストップしてるのはもったいないなぁ。

ちなみに現在プレイしているゲームは
CardWirth、TOWRM2、それにこのOROCHI再臨の3本です。
一日一時間ずつで三時間。これでゲームにとれる時間は限界ですね。。
おまけに3本とも底が見えない超やりこみ系ゲーム。
さらに今欲しいゲームがディスガイア2とポケモンHG/SSというこれまた超やり込み系ゲーム。

楽しいことが多いのはいいんですがどれから手をつけるか迷います。
ゼータクな悩みですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

DQ9(10) てつのクギ

ラストダンジョンの中ボスがどうしても倒せないので
レベル上げがてら各地のクエストをクリアして回っています。

それはいいんですけど、なんというか、
はっきり言ってめんどくさいですね。クエスト。
かといってやり尽くしたい願望があるので投げだすのも惜しいし。。

今詰まってるのはハイパードリルの錬金なんですが、
必要な素材に「てつのクギ」*5がありまして、
それの入手に手間取っています。

フィールドには落ちてないしモンスターもなかなか落とさないしで、
現時点で3本しか集まっていません。

なんでてつのクギにこんなに苦労せにゃならんのだorz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DQ9(9) まだまだ続くよすれちがい通信

発売してから結構経つのに未だにすれちがい通信のペースは衰えません。

今日も6人の方とすれちがいました。

DISSIDIAのときはこんなにすれちがわなかったのになあ。
みんなプレイしてたのかな。
PSPのスリープモードがもつ時間が短かったのかもしれません。

宿屋に30人入ったところで図書館と泉エリアがオープン。
なんか聞いたこともない武具が作れるように!

錬金に関して聞いたことと言えば
やっぱりレシピに載ってないアイテムがあるんだとか。
ここはもう攻略サイトのお世話になるしかないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DQ9(8) 最終局面

久しぶりにドラクエ9起動したらあれよあれよといううちにいつのまにかラストダンジョン前にいて焦る。

レベルアップほとんどしてないので敵さんとの戦闘がかなり辛いです。

サンディちゃんにはことあるごとに全滅しすぎ・・・との指摘を受けます。

それでもレベルアップのための戦いはしない。(クリア後には解禁してストレス発散する予定w)

灰になるまで戦ってやるぜ。

メタル狩り用にアイテムとかスキル調達するのめんどいっだけなんですけどw

それにしても主人公をレンジャー(ブーメラン)にしたのはまずかったか。
同じパーティにいるバトルマスターとの戦力差が激しい激しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2011年2月 »